第6期会長 波多野 守一

会長主題と活動方針

○会長主題

 

『The BEST』から『My BEST』へ

 

 

 

○活動方針

 人は「完璧にやらなければ」と思うから不安になり、思うように行動できなくなるものです。「完璧になどそんなに簡単にはできない」と思うことからスタートしましょう。しかし、これは決して最初から諦めるということではありません。まずは、自分自身の役割を認識し、精一杯取り組むということが大切です。その結果、完璧ではなくても自分のベストを尽くせていたのならば、自信・成長につながると思います。それがまた、他のメンバーにもいい刺激・影響を与えてくれると思います。まずは、自分の出来る限り、BESTを尽くしましょう。

今期は、特にメンバーの増強に力を入れていきたいと考えています。新たなメンバーが増えることにより、様々なアイデアが生まれ、新たな事業等につながり、ZEROクラブがより一層進化していくと思います。また、既存メンバーの刺激にもなり、クラブの活性化も図れると思っています。

幸い我がZEROクラブには、個性的なメンバーが揃っています。そんな皆さんそれぞれの個性を十分に発揮して、お互いを認め合いながら、楽しいクラブを作り上げていきましょう。そうすれば自ずと人は集まってくると思います。

メンバー皆さんそれぞれのMyBESTを期待しています!

 

                                           事業委員会への会長意向

 

○委員会活動基本方針

 YMCAサービス事業委員会

 今期も引き続き、リトセンの石窯とおくどさんを活用して、メンバー皆で取り組める事業企画の検討をお願いします。

 グローバル・コミュニティー・スタディー支援のイベントについて、より多くの方々に来場いただけるような企画の検討をお願いします。

 ■ 地域奉仕・環境事業(CS)委員会

 前期から継続する事業はもちろん、新たな事業を考案し、実施をお願いします。

 EMC事業委員会

 特にメンバー増強に向けて、様々な企画の検討をお願いします。

 既存メンバーの満足度の向上と共に、新メンバーの増強を念頭において、皆が楽しめる会の企画をお願いします。

 ■ ファンド・BFEFJWF事業委員会

 阿蘇クラブからのファンド商品については引き続き取り入れ、また、「○○と言えばZEROクラブ!」と印象付けられるような、独自のファンド商品の検討をお願いします。

 ■ 国際・交流事業委員会

 引き続き、DBC・IBC締結に向け、候補となるクラブの模索をお願いします。

 ■ ブリテン広報文献事業委員会

 ブリテンは、ゲストや他クラブへのアピールツールでもあります。

 毎月発行することにより、効果が最大限に発揮できると思うのでよろしくお願いします。

 ■ ドライバー委員会

 メンバーが楽しめることはもちろん、メンバーがゲストを誘いやすい、またゲストにとっても参加してみたい、次回も参加したいと思わせるような企画・運営をお願いします。

Club Office:

京都YMCA

〒604-8083 

京都市中京区三条柳馬場

 TEL075(231)4388

問合せ先 

ZEROクラブ書記 

shoki@zeroclub.org